2018年1月6日土曜日

仮想通貨2ステップだけ投資術 (3) - 取引所は先ずは2つで -

ステップ1 : マーケットを知る


前回の記事で仮想通貨は1000種類以上存在する話をしました。

実は、その仮想通貨を売買できる取引所も100種類以上存在します。


2018年1月6日現在のトピックとしては、主要海外取引所の"Binance"や"Coinexchange"が新規登録できなくなっていますが、先ずは国内2社から始めればよいかなと考えます。


仮想通貨の何倍も銘柄を持つ株式市場でも、売買が「可能」な会社はたくさんありますが、手数料などを考え「現実的に使うべき」証券会社は10社もありません。


◇◆◇◆◇◆

ステップ2 : コマンドを選ぶ


「買う」、「売る」、そのどちらかを「待つ」という3つのコマンドを与えてくれるのが取引所で、「買う」と「売る」のコマンド実行にかかるのが手数料です。


注意点は、仮想通貨と株式の大きな違いの1つが、取引所によって売買できる銘柄が異なることです。


それでも、1000種類の通貨を100種類の取引所を使って売買するなんて無謀です。

「3種類の通貨を2種類の取引所を使って売買する」を基本戦略といたします。


手数料を重要指標にしながら、投資戦略に合わせて銘柄を選んだ上で、私は下記2つを使っています。(FBアカウントを使えば10秒で登録できます)

先ずは複数登録(当然無料)をお勧めします


1. bitFlyer


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


手数料:★★
品揃え:★★☆
相対的安心度:★★★

CMでお馴染みのbitFlyer。

私は「仮想通貨やるならビットコインだけで十分」論を持ってはいるので、先ずはここから始めるのがお勧めです。


2. coincheck


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


手数料:★★☆
品揃え:★★★(国内トップ。推奨3銘柄のリップルも取引可能)
相対的安心度:★★★
 
こちらもCMでお馴染みのcoincehck。

ビットコインの手数料は最安値の1社です。(後述しますが別にビットコインだけで十分)

仮想通貨のような新興マーケットでは「CM打てるぐらいの基盤」は大事な指標でもあります



[note] 「ビットコインはバブルか?」という大喜利



==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



0 件のコメント:

コメントを投稿